トップページ > インフォメーション

INFORMATION -インフォメーション-

 

『第3回フォーラム情報アカデミーU-18 Y2CUP』イベント報告

2015.12.02

大会名:第3回フォーラム情報アカデミーU-18 Y2CUP 特別協賛 株式会社静科
日程:2015年11月28日
場所:オールサムズテニスクラブ内 夏実の浜
天候:晴れ

雲ひとつない11月の快晴の中、第3回フォーラム情報アカデミーU-18 Y2CUP 特別協賛 株式会社静科が開催されました。
今年はU-18の部そして、シニアの部という2部構成で開催されました。
U-18の決勝戦は猪野柴田ペア対中村武藤の中央学院高校対決、過去Y2CUP参加経験のある猪野選手がゲームを支配し、中央学院高校が初優勝。
シニアの部はペアリングランダムの個人戦、最多勝利数は喜嶋さん、伊師さんでした。
今年は幅広い年層に集まって頂いたり、特別協賛静科様のご好意で豚汁の炊き出しがあったりとイベント要素の多い大会となりました。

Team Y2参戦情報

2015.11.20

Team Y2(上場雄也・長谷川徳海)は、神奈川県川崎市「川崎マリエン」で開催される、日本ビーチバレーボール連盟公認大会の『川崎マリエンシリーズ2人制公認大会vol.6』に参戦致します。

本大会では上場・長谷川が久しぶりにチームを組んでTeam Y2としてエントリーします。

優勝目指して頑張りますので、皆様のご声援を宜しくお願い致します。

  開催日 開催場所
川崎マリエンシリーズ2人制公認大会vol.6
詳細はこちら
11月23日(月) 川崎マリエンビーチバレーコート

2015年リザルトを更新しました!

2015.10.30

スケジュール & リザルト』のページにJBVツアー第1戦 第16回霧島酒造オープン、JBVサテライト2015第4戦越谷大会泰明カップ、JBVツアー第2戦 東京オープン、シリーズAファイナル大阪大会の結果を更新しました。

2015年リザルトを更新しました!

2015.10.26

スケジュール & リザルト』のページにJBVサテライト2015第5戦 平塚大会 大石カップ、AVCビーチバレーボールオープン2015 ジョクジャカルタ大会の結果を更新しました。

『第3回 U-18 Y2カップ』のご案内

2015.10.14

Team Y2(上場雄也・長谷川徳海)の主催する大会『第3回 U-18 Y2カップ』が開催されることになりました。
下記詳細をご覧の上、是非お申し込みください!

主 催 Team Y2
共 催 オールサムズビーチスポーツパーク
協賛 SEV、里のうどん、金栄堂、デサント
特別協賛 フォーラム情報アカデミー、株式会社 静科
開催日 2015年11月28日(土)、29日(日)※男子2人制 女子2人制
会 場 オールサムズビーチスポーツパーク
住所:千葉県船橋市旭町4-169
競技規則 平成26年度(財)日本バレーボール協会制定ビーチバレー競技規定により行う
競技方法 予選リーグ:25点1セットマッチ(27点打切)
決勝トーナメント:25点1セットマッチ (27点打切)
準決勝・決勝:21点3セットマッチ
※参加チーム数や当日の天候により変更することもあります
参加資格 満18歳以下の男子、女子( 各16チーム目安にて募集)
競技日程 8時30分:選手受付開始
9時00分:開会式
9時30分:試合開始
参加料 1チーム:4000円(参加賞として参加賞としてY2Tシャツをプレゼントいたします。)
申込方法 下記のアドレスに以下の必要事項を記入の上送信してください。
Y2事務局:mail@team-y2.jp
※件名は「Y2カップエントリー」として下さい。折り返しの連絡をもってエントリー完了とします。

必要事項
①選手1、2氏名、年齢(11月29日現在)、Y2Tシャツ希望サイズ(2人分)
②代表者氏名
③代表者住所
④代表者電話番号
⑤代表者Eメールアドレス(PC)
その他 ○本大会はスポーツ保険に加入しておりません。
 競技中の負傷についてはチーム及び個人で対応すること。
○各試合の審判員は、参加チームで行う。
○組み合わせについては当日抽選にて行います。
○会場駐車場内での事故トラブル等においては、一切責任を負いません。
○当日は寒いことが予想されますので、参加者には無料で豚汁(1杯のみ)の配給を予定しております。尚、保護者様など希望者には1杯200円にて販売を予定しております。   
大会に関する問い合わせ先 Y2事務局:mail@team-y2.jp

2015年リザルトを更新しました!

2015.10.01

スケジュール & リザルト』のページにFIVBビーチバレーボールオープン2015 厦門大会の結果を更新しました。

2015年リザルトを更新しました!

2015.08.21

スケジュール & リザルト』のページに大洗大会、若狭おばま大会、第29回ビーチバレージャパンの結果を更新しました。

2015年リザルトを更新しました!

2015.07.29

スケジュール & リザルト』のページに第16回ビーチバレー宮古島大会2015、JBVサテライト2015第3戦 高萩大会エヌエーカップ、第28回Sun-inビーチバレー大会、FIVBビーチバレーボール グランドスラム2015横浜大会の結果を更新しました。

2015年リザルトを更新しました!

2015.07.17

スケジュール & リザルト』のページに志摩大会、南あわじ大会、行橋大会、セント・ピーターズバーグ大会の結果を更新しました。

上場雄也がJBVサテライト横浜大会で優勝!

2015.05.25

2015年5月23日(土)〜24日(日)に横浜海の公園ビーチバレーコート(神奈川県横浜市)にて開催された、JBVサテライト2015第2戦 横浜大会 エールデザインカップにて、上場が参戦し、優勝致しました!

引き続き応援よろしくお願い致します!







長谷川徳海がオーストリア国内大会で優勝!

2015.05.25

長谷川徳海は、ワールドツアー福州大会と同様補欠でワールドツアースイス大会にエントリーしましたが、世界ランキングポイント不足により大会に参加する事が出来ませんでした。そこで、以前から誘われていたオーストリアでの国内大会へ急遽参戦する事になりました。オーストリアの選手の他にロシア、スイス、スウェーデン、イギリス、アゼルバイジャン、ニュージーランドと多国籍に渡る大会でしたが、優勝致しました!

引き続き応援よろしくお願い致します!


2015年リザルトを掲載しました!

2015.05.12

スケジュール & リザルト』のページに2015年に参戦した主な大会の結果を掲載しています。
今後も、順次結果を掲載していきます!

ビーチバレー東京オープン参戦について

2015.05.01

2015年5月3日(日・祝)~5日(火・祝)に開催されるビーチバレー東京オープン(会場:東京都港区・お台場ビーチ)に、長谷川徳海、上場雄也がそれぞれ出場致します。

▼出場ペア
・長谷川徳海&高橋巧
・上場雄也&西村晃一

大会スケジュール等はJBV公式ウェブサイトをご覧ください。観戦無料のイベントとなります。是非ご観戦ください!

大会情報についてはこちら
マッチスケジュールについてはこちら

『第2回フォーラム情報アカデミーU-18 Y2カップ』イベント報告

2014.12.17

日程:2014年12月14日
場所:オールサムズテニスクラブ内 夏実の浜
天候:晴れ

12月中旬でも日光に当たるとポカポカと気持ち陽気の中第2回フォーラム情報アカデミー U-18 Y2カップが開催されました。
18歳以下で行われた今大会は、昨年と同様公文国際学園、中央学院大学付属高校、鎌ケ谷中学、鎌ケ谷第5中学、根木内中学、がエントリー40名20チームというビッグトーナメントになりました。
予選5チームプール、そして決勝トーナメントを勝ち上がったのは今年も公文国際学園と中央学院大学付属高校。セットカウント2-0で公文国際学園が2連覇を達成しました。
選手みんなに商品を渡す事ができ、最後のジャンケン大会では親御さんや引率の先生にも商品が届き笑いの絶えない楽しい大会になりました。

Asian Beach Games 2014 レポート

2014.12.11

開催日:11月14日~23日
場所:プーケット(タイ)
最終結果:9位 タイ

対戦結果
グループ戦  vs バーレーン 2-0
グループ戦  vs イラン 2-1
グループ戦  vs タイ 1-2
1回戦  vs フィリピン  2-1
2回戦  vs 中国 0-2



2年に1度だけ開催されるこのアジアビーチゲームズ。9月に行われたアジア大会よりも参加チーム数が多く、男子は43チームがエントリーした。
Y2はシード6でグループFに入る。このグループに入ってきたのはバーレーン、イラン、タイ、アフガニスタンの4チーム。この5チームのうち3位までが決勝トーナメントへ進出する。
Y2の初戦はバーレーン、見たことのないチームだったが、ビーチバレーをよく練習しているチームに見える。試合は一進一退の展開となったが、各セット後半までに少し差を広げることに成功したY2は2-0でこの試合に勝利した。
翌日、アフガニスタンとの試合を予定していたが、アフガニスタン棄権のためY2の不戦勝となった。
その翌日はもともと試合のない空き日だったため、大会期間中に2日間試合がないという異例の状況となった。
さらにその翌日はイランとの対戦。このチームも見たことのないチームだったが2mを超えるブロッカーのいるチームだ。試合は終始接戦。身長の低い選手を狙っていくY2だったがことごとくツーアタックを決められなかなか流れが掴めない。Y2ビハインドの状況も多く、試合は1-1となりフルセットへ。ここでも一進一退の試合となり、先にマッチポイントを握ったのはイラン。しかし、Y2が上場のサービスエースで逆転に成功する粘りを見せると、最後は長谷川の意地のブロックが決まりゲームセット。Y2がグループ戦通過を決める勝利をあげた。
翌日はタイとの対戦。このチームはいつもとは違うペアリングでこの大会に臨んでいた。このチームは初戦でイランにフルセットで敗れていたため、Y2に負けるとグループ戦敗退が決まるという試合となった。対するY2はしっかりと勝って1位通過を決めたい。試合は1セット目序盤からY2が勢いに乗り、差をつけるとその後もサーブ、スパイクが思うように決まり相手を寄せ付けず21-9で勝利。しかし、2セット目に入り流れが変わる。ホームの応援を力に変えたタイチームがブロックポイントで前に出ると、攻撃のリズムも取り戻したためY2はなかなかブレイクできない。さらにY2の攻撃リズムが狂い出し、このセットを18-21で落としてしまう。最終セットが始まってもタイの勢いを止めることができず、ミスを連発したY2。あっさりとこのセットも奪われセットカウント1-2で敗れた。
その結果Y2はグループ戦2位通過となってしまい、抽選でその日の午後に他グループ3位のフィリピンと対戦することとなった。
このフィリピンチームは若いチームだがアメリカ人のコーチが指導しており、技術力が飛躍的に伸びているチームだ。
試合は1セット目にリズムをつかめず相手のどちらの選手を狙っても思うようにポイントを許してしまうY2。
このセットを粘り負けて落としてしまう。後がないY2はこのセット狙いをレフトの選手に定める作戦をとる。すると中盤から相手がY2のディフェンスに迷い出し、Y2がブレイクを多く重ねるゲーム展開となり、このセットを取る。3セット目も同じ戦略に相手が対応できず、このセットも取り、辛くも2-1で翌日のベスト8決定戦に駒を進めた。
翌日の相手は中国。ワールドツアーで5位になった実績をもつチームが相手となった。
Y2はこれまでのオーソドックスなスタイルではなく、変則的な攻撃スタイルでこの試合に臨んだが、1セット目序盤で上場のレフト攻撃が機能せずリードを奪われると、なかなかこの点差を縮められずこのセットを落とした。2セット目はセット頭からポジションを戻すY2。これが功を奏し中盤までにリードを奪うと、このセットを取り返す。3セット目、そのままの勢いでいくかと思われたが、変則的な攻撃のため上場のトスが乱れると、長谷川の攻撃が相手に捕まり出し、さらに相手の攻撃をなかなかブレイクできないまま終始リードされてこのセットを取られ、1-2で敗れた。
優勝を目指して来たY2だったが、9位タイで大会を終えるという残念な結果となった。


上場コメント
アジアでも勝てない現状を打破すべくしっかり反省していかなければならないが、次に活かせる試合もできた。この収穫を来年以降に繋げたいと思う。今大会もたくさんの応援ありがとうございました。


長谷川コメント
今年を締めくくる大会で結果を残す事が出来ず、残念です。
来シーズンは今季アジア最高5位という成績を越え、オリンピック大陸予選を勝ち進んでいきたいと思います。1年間応援ありがとうございました。


『第2回 Y2カップ』募集を終了しました。

2014.12.10

先日より参加チームを募集しておりました、Team Y2の主催する大会『第2回フォーラム情報アカデミー U-18 Y2カップ』ですが、募集を終了させて頂きました。たくさんのエントリーをいただき、ありがとうございました!

『第2回フォーラム情報アカデミー U-18 Y2カップ』のご案内

2014.11.13

Team Y2(上場雄也・長谷川徳海)の主催する大会『第2回フォーラム情報アカデミー U-18 Y2カップ』が開催されることになりました。
下記詳細をご覧の上、是非お申し込みください!
※募集を終了させて頂きました。たくさんのエントリーをいただき、ありがとうございました!

主 催 Team Y2
特別協賛 フォーラム情報アカデミー
協賛予定 オールサムズテニスクラブ船橋・株式会社デサント・里のうどん・株式会社ミカサ・金栄堂・SEV・株式会社静科・VB Shop LET'S
開催日 2014年12月14日(日)※男子2人制
会 場 オールサムズテニスクラブ船橋 夏見の浜
住所:千葉県船橋市旭町4-169
競技規則 平成25年度(公財)日本バレーボール協会制定ビーチバレー競技規定により行う
競技方法 予選リーグ:25点1セットマッチ(27点打切)
決勝トーナメント:25点1セットマッチ (27点打切)
準決勝・決勝:21点3セットマッチ
※参加チーム数や当日の天候により変更することもあります
参加資格 満18歳以下の男子 MAX16チーム
※18歳であれば大学生でも可
競技日程 8時30分:選手受付開始
9時00分:開会式
9時30分:試合開始
参加料 1チーム:2000円
申込方法 ※募集を終了させて頂きました。たくさんのエントリーをいただき、ありがとうございました!
その他 ○本大会はスポーツ保険に加入しておりません。
 競技中の負傷についてはチーム及び個人で対応すること。
○各試合の審判員は、参加チームで行う。
○組み合わせについては当日抽選にて行います。
○会場駐車場内での事故トラブル等においては、一切責任をおいません。   
大会に関する問い合わせ先 Y2事務局:mail@team-y2.jp

JVAシリーズA 坂大会(広島)レポート

2014.11.06

開催日:10月17日~19日
場所:広島
最終結果:優勝

対戦結果
グループ戦 vs 林/夏堀 2-0
グループ戦 vs 佐藤/直弘 2-0
グループ戦 vs 脇谷/石垣 2-0
準々決勝 vs 木村/高橋 2-0
準決勝 vs 村上/高橋 2-0
決勝 vs 脇谷/石垣 2-0


今年から新設されたJVAシリーズAの最終戦の広島坂大会。
先月アジア大会があったため、Y2としては久しぶりの国内戦だ。
17日午後から本戦グループ戦が対林・夏堀ペアとの対戦で幕を開けた。試合はY2が長谷川のブロック力と持ち前の攻撃力で圧倒し2-0で勝利した。翌日もY2は相手を寄せ付けない戦いで佐藤・直弘ペア、脇谷・石垣ペアを2-0で下し、堂々のグループ戦1位通過を決めた。
最終日、勝ち残った8チームによる負けたら終わりのトーナメント。優勝の条件は3連勝のみだ。
トーナメント初戦の相手は木村・高橋ペア。初対戦のペアで序盤苦労されられたY2だったが、中盤から引き離すとほぼリードされることなく2-0で勝利した。 続く準決勝、村上・高橋ペアとの対戦。今季シリーズAで3度対戦し2勝はあげているものの、湘南藤沢大会では0-2で敗れている相手だ。
しかしこの日のY2は気迫溢れるプレーで序盤からリードを奪い、2セットとも13-8でテクニカルタイムアウトを迎えると、その後も追いつかれることなく2セットともきっちり取り、決勝へ駒を進めた。
決勝戦の相手はプール戦で対戦している脇谷・石垣ペア。なんとこのチーム、Y2と反対の山で次々とシードチームを撃破し決勝まで上がってきたのだ。プール戦では2-0で勝利したY2だったが、勢いのある彼らに対しては気を抜けない。試合が始まると序盤こそ一進一退の攻防が繰り広げられたが、中盤からY2が抜け出し、持ち前の攻撃力で相手にブレイクを許さない。最後はやや疲れの色を見せた石垣のサーブがアウトとなり決着。終わってみれば決勝戦も2-0で勝利し、Y2は大会を通して1セットも奪われることなく完全優勝を遂げた。


上場コメント
最終戦を優勝で終えることができて嬉しいが、自分のプレーには満足出来ていない。来月の試合に向けて現状の実力で出来ることをもっとコートで出せるように準備したいと思う。


長谷川コメント
国内最後の公式戦、どうしても勝ちたかった大会で勝つ事が出来て素直に嬉しい。次のプーケットの大会に向けてしっかり準備していきたい。


仁川アジア競技大会レポート

2014.10.30

開催日:9月16日~29日
場所:韓国 仁川
最終結果:5位

対戦結果
グループ戦 vs KOR 2-0
グループ戦 vs OMA 2-0
グループ戦 vs KUW 2-1
決勝トーナメント1回戦 vs THA 2-0
準々決勝 vs CHN 0-2


Y2のオリンピックへの道の中期目標であり、今期のターゲット大会である、仁川アジア競技大会がスタートした。
大会は世界ランキングでシーディングが決まりY2はシード6でのスタート。4チーム8プールでの予選プールを戦い、上位2チームが決勝トーナメントに進出となる。Y2のプールはオマーン、クェート、韓国となった。プール1試合目は開催国韓国と対戦。序盤はシーソーゲームの展開になるが中盤以降長谷川のブロックと上場のレシーブの関係が機能して21-15で取る。2セット目はサーブポイントと相手のミスも重なり21-4で完勝。
プール2試合目は今季アジアツアーで5位、2010年にはアジア3位になっているオマーンとの対戦。1セット目はY2の作戦がほぼ完璧にはまり、21-6で先取。2セット目はオマーンもしっかり修正してくる。両チーム気が抜けないシーソーゲームを展開。中盤から終盤にかけて上場のレシーブからの攻撃で2点差になるとそのまま得点を積み重ねて21-18で勝利。プール2勝目。
プール最終戦はクェートとの試合。Y2がウォーミングアップを終えて試合コートに向かうと統括プロデューサーからクェートが高熱の為試合を棄権すると伝えられ不戦勝。プール3勝で1位通過で決勝トーナメントへ駒を進める。
プール2位通過のチームが抽選を行った結果、決勝トーナメント1回戦はタイに決まる。このチームのオマーン同様今季アジアツアーで5位になっている強豪だ。序盤均衡した試合展開になるが中盤以降長谷川のブロックポイントが出て1セット目は21-18で取る。2セット目はY2の1点リードで終盤まで進む。お互い確実にポイントを重ね続けるが最後はブロックアウトでポイントを取り21-19で勝利。準々決勝へ駒を進めた。
ここまではシーディング通りの展開。準々決勝の相手は格上の中国。今季ワールドツアーで5位になっていて6月のアジアチャンピオンシップでY2は完敗している。試合序盤から1-6と一気に点差をつけられ苦しい展開。しかし、中盤上場の連続サーブポイントで10-11となんとか追いつきテクニックタイムアウトへ。追いつく事が出来たが、その後相手の高いブロックに対して得点出来ず、18-21で1セット目を落としてしまう。2セット目は1セット目中盤からの流れを変える事が出来ず、ワンサイドゲームへ。Y2は全く良いプレーを出す事が出来ず、12-21で敗退。アジア競技大会を5位タイで終了した。


上場コメント
メダル獲得を最低目標としていただけに本当に残念。このままではオリンピックには行けないので、やってきたことを反省しないといけないと思う。 諦めずに頑張りたいと思います。


長谷川コメント
メダルを獲得出来ず、不甲斐ないきもちでいる。スキル、フィジカル共にまだアジアトップクラスと戦うレベルに達していないので、引き続き積み重ねていき、オリンピック予選に向けて準備していきたい。


シリーズA 坂大会優勝!

2014.10.21

2014年10月17日(金)〜10月19日(日)、広島県安芸郡坂町にて開催されたシリーズA 坂大会にて、優勝致しました。

国内最高峰の大会、シリーズAでの優勝は3度目となります。引き続き応援よろしくお願いします!

第17回アジア競技大会にて準々決勝進出へ!

2014.09.25

2014年9月25日(木)、第17回アジア競技大会(2014/仁川) 男女ビーチバレーボール競技決勝トーナメントにて、タイへ勝利し準々決勝進出が決定致しました。

明日はシード3の中国との対戦です。引き続き応援よろしくお願い致します!

JVAシリーズA グランフロント大阪大会レポート

2014.08.12

開催日:8月1日~3日
場所:大阪
最終結果:優勝

対戦結果
グループ戦 vs 中川/齋藤 2-0
グループ戦 vs 松本/石島 2-0
グループ戦 vs 井上/高橋 2-0
準々決勝 vs 小川/佐藤 2-0
準決勝 vs 村上/高橋 2-1
決勝 vs 西村/土屋 2-0


先週に引き続き国内最高峰の大会であるJVAシリーズAに参戦したY2。
シリーズA第3戦のこの大会は桜ノ宮会場と大阪駅目の前のグランフロント特設コートの2会場で行われた。
Y2は初日と2日目のグループ戦はサブ会場の桜ノ宮会場での試合となった。初日は前年度の高校チャンピオンの中川・斎藤ペアとの対戦だったが、21-12,21-14と実力の違いを見せ勝利した。翌日はVリーグ堺ブレイザーズからゲスト参戦の松本・石島ペアとの対戦。上場は全日本での元チームメイトの二人と今度は砂の上で再会となった。試合序盤、松本選手と石島選手思い切ったスパイクが決まり一進一退の攻防となるが、中盤以降はY2がペースを握ると、21-13,21-11で勝利した。
続くグループ戦最終戦は長谷川の元パートナーである井上選手率いる井上・高橋ペアとの対戦。このペアも2勝し、グループ戦1位通過を狙う。
試合はY2が序盤からサーブでペースを握り、終わってみれば21-16,21-12。攻守共に調子を上げたY2がなんなく勝利した。
3日目は初戦から会場をグランフロントに移してメインコートでの試合となった。相手は小川・佐藤ペア。シリーズA第1戦南あわじ大会で準々決勝で対戦しY2が勝利している。途中上場が連続で小川選手のブロックに捕まり流れを失いかけるが、タイムアウトで流れを戻すと試合はY2ペースで進み、21-17,21-15とストレートで勝利し、準々決勝進出を決めた。
続く準決勝は先週の大洗大会の準決勝と同じ村上・高橋ペアとの対戦。先週フルセットでマッチポイントを握られたが何とか勝利した相手だけに、Y2にとって今国内で一番油断のできない相手だ。1セット目から一進一退の攻防となり、ほぼ点差は離れない。中盤からペースを握るとY2が1セット目を先取。2セット目、スタートでなんと0-7とリードされたY2。中盤になっても序盤の点差を埋められず、Y2は狙いを高橋選手から村上選手に変更したが勢いづいた2人には追いつけず、このセットを落とした。3セット目序盤、1-3と2点をリードされた場面でY2はタイムアウトを要求。これが功を奏して中盤までには同点に追いついた。試合終盤、大洗大会同様に13-14とマッチポイントを握られたY2だったが上場の冷静なサイドアウトと長谷川のブロックポイントで前に出ると、最後は高橋選手の攻撃をディフェンスして切り返し、17-15でこの試合に勝利。決勝進出を決めた。
いよいよ決勝戦。相手はシリーズA第1戦南あわじ大会決勝で敗れた西村・土屋ペア。序盤から土屋選手にターゲットを絞ったY2。激戦が予想されたが、始まってみると終始Y2のペース。上場のレシーブからのスパイクが次々と決まり、21-17,21-16のストレートでY2が勝利。南あわじ大会のリベンジを果たし、国内2勝目(単独では初優勝)を飾った。


上場コメント
最高のステージで優勝できて嬉しい。大会を通してチームの失点率を下げることができたのが収穫。次回もさらにプレーの精度を上げて優勝を狙いたい。


長谷川コメント
チームとしてトーナメントを勝ちきった事は素直に喜びたい。でも、まだまだ個人としてのパフォーマンスに納得出来ていない部分があるので、引き続き強化していきたい。


第27回 Sun-in ビーチバレー大会中止について

2014.08.07

2014年8月9日(土)〜10日(日)に予定されていた「第27回 Sun-in ビーチバレー大会」は台風接近により中止となりました。


シリーズA グランフロント大阪大会、優勝!

2014.08.04

2014年8月1日(金)〜3日(日)にグランフロント大阪(大阪府北区梅田)にて、JVAビーチバレーボールシリーズA グランフロント大阪大会が開催されました。

Y2は決勝トーナメント準決勝で、前回(大洗大会)同様に相手チームにマッチポイントを握られる苦しい展開から逆転勝ち。続く決勝戦では南あわじ大会のリベンジを果たし、2週続けての優勝を達成。今大会は大洗大会と異なり、単独優勝となりました。

なお、今大会は梅田の駅前に特設コートを設置しておこなわれました。最終日は雨にも関わらず6000人もの方にご来場頂きました。

皆様の多大なる応援に感謝申し上げます。
引き続き応援よろしくお願い致します!

日本バレーボール協会公式サイトのニュースはこちら

シリーズA大洗大会レポート

2014.08.01

開催日:7月25日〜7月27日
場所:茨城県大洗市
最終結果:優勝

対戦結果
グループ戦 vs 立野・松葉 2-0
グループ戦 vs 板橋・庄司 2-1
グループ戦 vs 森岡・小川 2-0
1回戦 vs 大久保・中谷 2-0
準決勝 vs 村上・高橋 2-0
決勝 vs 畑辺・清水 14-11 雨天中止


7月25日〜27日にかけて、シリーズA大洗大会が開催された。今大会は南あわじ大会優勝の西村・土屋が不参加、前週に行われていたグレード3高萩大会では、畑・仲矢ペアが優勝と前回大会と総力図が少し変わった状態で大会はスタートした。
ロサンゼルス合宿から帰国して間もないY2だったが、初日の予選リーグ1試合目立野・松葉ペアに2-0のストレートで勝利し好調なスタートに思えた。
しかし2日目の予選リーグ2試合目は板橋・庄司ペアに苦戦を強いられる。若手の庄司選手の思い切りの良いスパイクが決まると、ベテラン板橋選手の的確なショットが決まり1セット目を24-26で取られてしまう。2セット目は21-16で取り返し、3セット目へ。一進一退の攻防が続くが最後は長谷川がなんとかスパイクを決めて15-13で予選リーグ2勝目。
続く森岡・小川ペアとの対戦では、今大会初めて上場に狙いが変わるが、確実に得点を重ねて2-0で勝利。3勝で予選リーグを通過した。

決勝トーナメント1回戦、大久保・中谷ペアとの対戦。今大会なかなか調子の上がって来ない長谷川が狙われるが、1セット目、2セット目共にデュースにもつれ込む接戦を制し、23-21、22-20で勝利。準決勝に駒を進めた。
準決勝は村上・高橋ペア。前週の高萩での大会で南あわじ大会優勝の西村・土屋ペアを破っている勢いのあるチームである。終始シーソーゲームで試合は展開され、1セット目は21-17でY2が取ると2セット目は19-21でセットを奪われ、3セット目へ。序盤から村上・高橋ペアに先行される苦しい展開になる。14-13でマッチポイントを握られるが、終盤狙いを村上から高橋に変えると作戦が当たりミスを誘い得点をし、15-15に追いつくと最後は上場のサーブポイントで16-15、最後は長谷川のブロックポイントで17-15と逆転し決勝戦へ進んだ。
決勝戦の相手は畑辺・清水ペア。序盤はシーソーゲームで進んでいくが、中盤に畑辺選手の攻撃を上場が拾いそのままポイントを奪うと相手のリズムが崩れ14-11と点差を引き離す。このまま進むと思った所で雷雨、突風の為一時試合が中断。その後。天候の回復目処が立たず試合続行不可能と運営側が判断し、試合は終了。同率でチーム優勝という形になった。Y2は公式戦、初優勝。


上場コメント
優勝することができたが、今回は各試合で自分の失点率が高すぎたので毎試合接戦となってしまった。 世界で上にいるチームは簡単にはミスは出さない。来週すぐに試合なのでしっかり検証して修正して取り組みたい。


長谷川コメント
負けなしで大会を終える事が出来たのが収穫。接戦も勝ちきる事が出来たので、気持ちを切らさず、引き続き強い気持ちを持って大阪大会に臨みたい。


シリーズA 大洗大会、優勝!

2014.07.28

2014年7月25日(金)〜27日(日)に大洗サンビーチ(茨城県東茨城郡大洗町)にて、JVAビーチバレーボール・シリーズA 大洗大会が開催されました。

Y2は予選リーグを3勝で通過。決勝トーナメントも順調に勝ち上がり決勝へ進出。
決勝は、畑辺・清水ペアが相手となりましたが、中盤の天候不良から試合続行不可能となり、両チーム優勝となりました。

Y2として2014年シーズン国内大会初のタイトル獲得となりました。
皆様の多大なる応援に感謝申し上げます。
引き続き応援よろしくお願い致します!

日本バレーボール協会公式サイトのニュースはこちら

JVAシリーズA 南あわじ大会レポート

2014.07.25

開催日:6月27日〜6月29日
場所:兵庫県南あわじ市
最終結果:2位

対戦結果
グループ戦 vs 直弘・佐藤 2-0
グループ戦 vs 瀬田・渡辺 2-0
グループ戦 vs 脇谷・石垣 2-0
1回戦 vs 小川・佐藤 2-0
準決勝 vs 畑辺・清水 2-0
決勝 vs 西村・土屋 1-2


6月27日〜29日にかけて、日本バレーボール協会が新しくスタートさせた、日本最高峰のビーチバレーボールトーナメント、『シリーズA』の南あわじ大会が開催された。
この大会の位置づけは従来のJBVツアーより一つ上のカテゴリーである。大会形式は日本ランキングポイント上位8チームが推薦、それ以下の16チームが予選を戦い、予選を勝ち抜いた8チームと本選スタートの16チームが各4チームの総当たりのリーグ戦を戦い、上位2チーム合計8チームが決勝トーナメントへ進出し、優勝を決める方式である。
今大会、Y2はSEED1を獲得し本選からのスタート。予選リーグは、対直弘佐藤ペア2-0、対瀬田渡辺ペア2-0、対脇谷石垣ペアに2-0の3勝で1位通過する事に成功した。決勝トーナメント1回戦は予選リーグでSEED2の畑仲矢ペアからセットを取った勢いのある小川佐藤ペアと対戦、終始リードを保ち2-0で勝利。
続く準決勝は昨年ツアー優勝し、今季アジア大会日本代表にもなっている村上高橋ペアを破ってきた畑辺清水ペア。第1セット目は安定した攻撃でセットを取るが第2セット目はシーソーゲーム。デュースになる接戦となるが、最後は上場のレシーブからのスパイク、長谷川のブロックと連続ポイントで勝利。Y2として国内公式戦初の決勝進出を決める。
決勝戦は昨年のJBVツアーグランドチャンピオンの西村選手と若手の土屋選手との対戦。川崎HUNCHカップの決勝の再戦となる。第1セットスタートから長谷川の攻撃が機能せずに苦しい展開。しかし、西村に拾われてからそれを上場が拾い返し得点を重ねるなどして、19-15とリードして終盤を迎える。
このあとも調子の上がらない長谷川のミスが続き、19-19と追いつかれてしまう。最後は相手の連続得点で、20-22で落とす。第2セットは長谷川の広角な攻撃が効果的に決まり、確実に得点を重ねる。相手のミスも出て、21-11で奪い返す。第3セット、前半から上場長谷川共に要所でミスを出してしまい、終始リードされる展開。最後はベテラン西村にラインショットを決められ11-15で敗退。今大会を2位で終了した。


上場コメント
「先週からだが、チームにとって失点を防ぐための方策が必要だと感じている。この問題をいち早く解決しなければ国内ですら優勝できないと感じる。自分たちが目指しているのは世界。日本ではもう負けられないことを自覚しないといけない。」


長谷川コメント
「川崎の試合からは若干の修正は出来たが、まだまだ勝ちきる力が足りない。引き続き課題に取り組んでいきたい。」


JVAオープングレード3 HUNCHカップレポート

2014.07.25

開催日:6月21日〜6月22日
場所:川崎マリエン(神奈川県川崎市)
最終結果:2位

対戦結果
1回戦 vs 西澤・宮崎 2-0
2回戦 vs 板橋・庄司 2-0
準決勝 vs 村上・高橋 2-0
決勝 vs 西村・土屋 1-2


今季初となる国内大会。この大会は冬から代表として強化してきたので絶対に負けられない大会。
1日目の2試合は共に2-0で勝利し、2日目へ進んだ。準決勝は昨年のビーチバレージャパンを優勝チームの村上・高橋ペアとの対戦。先日行われたアジア競技大会の代表決定戦にも勝利し、今年9月のアジア競技大会への出場も内定しているチームだ。
この試合のY2の狙いはライトの村上だったが、序盤長谷川のブロックの位置がうまく定まらず村上にしっかりポイントを重ねられ、互角の勝負に。しかし、中盤以降ブロックの位置を修正して相手にプレッシャーをかけると試合はY2のリズムとなり、そのままこの試合を2-0で勝利し、決勝進出を決めた。
決勝戦の相手はシード6の西村・土屋ペア。Y2はサーブを両選手均等に狙って様子をみていたが、対する相手は長谷川狙い。この試合、長谷川の攻撃ミスが目立つ。良いプレーもあったがその後に必ずといっていい程ミスが出たY2。最後までミスを修正できず、相手に楽にポイントを許し、自滅する形でセットを落とした結果、1-2で敗れ準優勝に終わった。


上場コメント
「長谷川のスパイクにしても自分のサーブにしても、チームとして練習してきたことが全く出来ていなかった。完全に自滅した試合だった。ミスの原因を追求しなければいけない。」


長谷川コメント
「ミスが続き不甲斐ないとしか言いようがない。国内戦が続くので1週間しっかり調整していきたい。久しぶりの国内戦でたくさんの応援ありがとうございました。」


アジアチャンピオンシップレポート

2014.06.13

開催日:6月5日〜6月8日
場所:中国 成都
最終結果:9位

対戦結果
vs 台北2-0 (21-14,21-13)
vs インドネシア1-2(17-21,21-19,11-15)
vs 中国0-2(8-21,15-21)


6/5〜6/8にアジアチャンピオンシップが中国で開催された。文字通りアジアNo.1を決める大会である。
この大会はアジア、オセアニアが対象になるので、オーストラリア、ニュージーランド、女子ではバヌアツといった強豪国もエントリーしてくる。Y2は予選リーグSEED7となりインドネシア、台北の3チームリーグ。上位2チームが決勝トーナメントに進出となる予選1試合目は台北との試合。相手選手の動き、プレーからすると普段はインドアバレーボールをしている選手のようだ。Y2は序盤から相手のレフトにいる選手に狙いを絞り試合を展開する。
ワールドツアーアナパ大会からレシーブからの決定率が上がってきている上場がこの試合もレシーブからブレイクに成功すると、1セット目を21-14で取る。2セット目もほぼ1セット目と同じ展開に。
2セット目は長谷川のブロックも出て21-13で取り、セットカウント2-0で勝利。予選2試合目はインドネシアと対戦。このチームは2012年にアジアチャンピオンになっているチームである。
1セット目出だしで1-6と大きく離されるが、後半追いつくも最後は逃げ切られ17-21で落とす。続く2セット目は終盤までインドネシアにリードされる展開、17-18で最後のコートチェンジを迎えるが、上場のレシーブからの強打スパイク、最後は長谷川のブロックで21-19で取り返す。
3セット目はY2が先行する展開に。上場のレシーブからの強打で得点を重ね、中盤に長谷川のサーブポイントも飛び出し、11-9でコートチェンジ。バッドサイド(風下側コート)にY2が行くとここからインドネシアの反撃。バッドサイド側の長谷川にジャンプサーブを集め崩しにかかる。このサイドで得点を取れず、11-14でコートチェンジ。最後はインドネシアのブロックが決まり11-15で敗退。予選リーグ2位で決勝トーナメントに進む。
決勝トーナメント1回戦は、今シーズンワールドツアーで5位になっている中国。序盤で相手のブロックのプレッシャーで1-6でコートチェンジ。そのあともブロックポイント、レシーブポイントを確実に取られ、8-21と大差でこのセットを落とす。
あとがない2セット目、相手ライトに狙いを絞ったY2。相手のショットを上場が走りながらのレシーブで拾い、それを決めリードして試合を進める。長谷川のサーブポイントで11-10とリードしてテクニカルタイムアウトをえる。このまま試合を展開していきたい所だったがまたしても中国の高いブロックが立ちはだかる。狙われた長谷川はブロックを避けて明いているスペースにボールを落とそうとするが待っていましたとばかりに軟打を相手レシーバーに拾われ得点される。
最後は長谷川のショットをブロックに叩かれ15-21で敗退。アジアチャンピオンシップは9位で終了した。
最終結果、優勝はオーストラリア、2位カザフスタン、3位カタール。


上場コメント
「9月に行われるアジア競技大会の前哨戦だったので、最低でも表彰台を目指していただけに悔しい。アジアでトップにならなければオリンピックには行けないと思っているので、時間は短いが、9月に結果を出すためだけの準備をしていきたい。」


長谷川コメント
「攻撃の部分で改善が必要。僕にサーブが飛んでくる限り自分で得点を積み重ねる事のできる個人スキルをもっと向上していかなければならない。ただ、ブレイクポイントが増えてきているのがチームとして収穫なのでその部分はポジティブにとらえていきたい。」


ロシア大会レポート

2014.06.05

開催日:5月28日〜6月1日
場所:アナパ
最終結果:33位

対戦結果
vs ベラルーシ 1-2(21-13,14-21,13-15)


昨年に続き参戦したアナパ大会。Y2は予選SEED11でSEED6のベラルーシと対戦。この試合に勝てばメインドローに進出できる大一番。試合当日は朝から風が強く、試合時間になっても弱まらず、爆風の中の戦いとなった。
第1セット、序盤からコンスタントにサイドアウトを重ねるY2。風の中でもミスのないゲームを展開した。中盤以降、グッドサイド(風下側)からの上場のジャンプサーブで連続得点し勢いに乗ったY2。このセットはベラルーシチームを圧倒し、21-13でものにした。
Y2バットサイドから始まった第2セット、第1セットの勢いのまま行きたかったが、相手のサーブにエースを取られるなどして2-5でスイッチ。有利なグッドサイドへ行ってもうまく得点を重ねることができず、試合は相手のリズムへ。8-13でテクニカルタイムアウトを迎えると、さらに点差を広げられ、14-21でこのセットを落としてしまう。
勝負の第3セット、試合は一進一退のサイドアウト合戦となる。5-5、10-10でスイッチし、いよいよ終盤。
1点を追う形となったY2だったがここでも粘りのあるプレーで13-13とする。Y2はグッドサイドでこのままブレイクして押し切りたいところ。そこで相手ライト選手の攻撃がサイドライン外に落ちてアウト…だったが、審判がインの判定。よくあることだが、近年判定が覆ることはほとんどない。Y2は冷静にタイムアウトをとり次のプレーへの準備をしてコートへ戻る。次の1点を取れば同点となり、グッドサイドで上場のサーブの順番となる場面だったが、上場の放ったスパイクが大きくアウト。結果、13-15でゲームセット。Y2はまたしても悔しい予選敗退となってしまった。


上場コメント
「爆風の中でお互いにミスのない良いビーチバレーが出来ていただけに、最後のスパイクミスが悔しい。あれ全て。もう一つ成長しないとやはり世界はそう簡単には勝たせてくれない。練習の時からそういったシチュエーションをより意識していく。」


長谷川コメント
「引き続きやらなければいけない事、チームとして取り組んでいる事をやりきる力がまだまだ足りない。
やり続ける事が出来れば、勝利を手にすること事が出来ると思うので、とにかく我慢強く、やらなければいけない事を継続していきたい。」


メキシコ大会レポート

2014.05.23

開催日:5月6日〜5月10日
場所:プエルトバシャルタ
最終結果:33位

対戦結果
vs メキシコ 2-1(21-16,18-21,15-8)
vs ブラジル 0-2(11-21,20-22)


5月6日、数年ぶりの開催となるワールドツアーメキシコ大会がスタートした。
今大会Y2は予選SEED12に位置し1回戦はSEED21のメキシコと対戦。
開催国メキシコの試合という事もあり予選ながらメインコートにはたくさんの観戦する人やDJもいて会場は盛り上がっている。
序盤、若干緊張気味のメキシコに対して確実に得点を重ねていくY2。
第1セットは21-16で先取。続く第2セットは緊張の解けた相手に対してラリーの応酬になるがなかなかフィニッシュを決める事ができない。
メキシコのツーアタックも効果的に決められ、18-21で奪われてしまう。
第3セットは序盤から点差を離す事に成功。
中盤以降は長谷川のフェイクも効果的に決まり、15-8で予選1回戦を勝利。
予選2回戦に進む。
続く試合は予選SEED5のブラジル。
言わずと知れたビーチバレーボール大国である。
序盤相手の狙いをなかなか決める事が出来ず、逆に相手には効果的にブレイクされて序盤から点数を離されてしまい、第1セットは11-21と取られてします。
続く第2セットはサーブで狙われた長谷川が上場のコールを聞いてボールを確実に落とし、一進一退の攻防へ。
中盤には上場のライン際へのノータッチエース、長谷川の連続ブロックも飛びたし点差を開いていく。
このまま勝負はファイナルセットへっと思ったが、さすがビーチバレーボール大国ブラジルはただでは終わらない。
Y2の少しのミスをきっかけに同点に追いつき、そのままの勢いでブロックポイント、サーブポイントの連続得点、20-22で試合終了。
Y2はあとひとつの所で予選2回戦敗退となった。


上場コメント
「初戦のメキシコ戦、リズムが悪かったが何とか勝ち切れて良かった。
練習でやっていることが試合で出せてきている実感はあるので、より精度を上げて攻撃的に戦いたいと思う。」


長谷川コメント
「なかなかゲームに勝つ事が出来ず、もどかしく、悔しい戦いが続いている。今大会を経て新たに浮き彫りになった課題に向けて真摯に向き合い克服し勝利に繋げていきたい。」


福州大会レポート

2014.04.30

開催日:4月22日〜4月26日
場所:福州
最終結果:41位

対戦結果
vs オーストリア 0-2(16-21,16-21)


昨年に引き続き、予選からのスタートとなったY2。対戦相手は前日の夜のミーティングでオーストリアチームに決まった。
試合は第1セット序盤からオーストリアチームにサーブで崩されて2-5と離されると、Y2はリズムを作ることが出来ず、そのまま離され16-21で先取された。
続く第2セット、サーブで崩して相手の攻撃リズムを狂わせたいY2だったが、この日はサーブが思うように行かず、相手にストレスなくサイドアウトを切られると、またしても序盤で5-9と離され、厳しい展開となった。結局Y2は一度もリードすることなく、このセットも16-21で取られて敗れた。
ワールドツアーのオープン大会は予選は32チームによるシングルトーナメントで、2連勝した8チームのみが本選へ上がるシステム。
オリンピックへ行く為には一刻も早く本選へ進みたいところだが、課題が残された戦いとなった。


上場コメント
「自分のサーブが全く打てなかった。このチームはサーブがないと勝つのは難しいチームなので、今以上に練習を積まなければいけない。試合の中で修正することができなかったのが悔しい。」


長谷川コメント
「負けるパターンとして序盤に相手に先行されてしまう傾向がある。ワールドツアーレベルの相手に対して、点差をつけられると追いつくのが難しいので、最初の1点目から最後の1点を取るまでの精神的な物だけではなく技術的な部分もハイパフォーマンスを出し続けなければならない。次の大会までしっかりその部分を高めていきたい。」


アジアツアー・ソンクラ大会報告

2014.04.24

日程:2014年4月14日~4月16日
場所:ソンクラ
最終結果:5位

対戦結果
予選プール
vsフィリピン 2-0(21-14,21-15)
vsイラン 1-2(17-21,21-19,9-15)
vsインド 2-0(21-10,21-17)

決勝トーナメント
vs中国 2-0(21-16,21-17)
vsニュージーランド 1-2(21-16,26-28,13-15)
vsカザフスタン 2-0(21-18,21-18)


カノンからソンクラへバスで移動し、迎えたソンクラ大会。
Y2のグループはカノン大会4位のイラン、インド、フィリピンの4チーム。初戦はフィリピン。アメリカ人コーチが指導する若手チームだったが、ここはY2が攻撃力を見せつけ21-14,21-15で勝利。続く試合はイラン。1セット目から接戦となったが1セット目は最後に抜け出したイランが21-17で先取。続く第2セットも一進一退の攻防が続いたが最後はY2が粘り21-19でこのセットを取り返して試合はフルセットとなる。第3セット、序盤から連続失点を喫し2-6と離されたY2。最後までお互いの攻撃力がぶつかり合ったが、序盤の点差を埋めることができず、惜しくも9-15でこのセットを取られ1-2で敗戦となった。

2日目に行われたグループ最終戦のインド戦。インドチームは2人とも身長2m程の高身長チームだったがこちらは終始Y2のペースで試合が展開され、危なげなく21-10,21-17でY2が勝利した。この結果Y2はグループ戦2位で決勝トーナメントへ進んだ。
決勝トーナメントの相手はくじ引きによる。Y2はグループ戦2位通過なので、他のグループの1位と当たることになるが、その試合の相手は中国に決定。
その日の午後に行われたこの中国戦。ここからは負けたら優勝への道はなくなる戦いだ。1セット目、序盤は互角の戦いが続いた終盤にY2のデフェンスが徐々に機能し始め21-16でY2が先取。続く第2セットも序盤からお互い譲らない戦いとなったが、勝負所で長谷川のブロックと上場のレシーブで相手の攻撃を阻むと、このセットを21-17で取り2-0で勝利。ベスト8進出を決めた。

3日目に行われたベスト4決定戦の相手はニュージーランド。この試合スタートから調子が良かったY2、1セット目中盤から抜け出すと、そのままの流れで21-16で先取。続く第2セットもリズム良くY2ペースに進んでいたが、中盤で相手のサーブに押されて連続失点を喫したY2。終盤までもつれた結果、26-28で惜しくもこのセットを落とし、試合はフルセットへ。第3セットも序盤からY2リードの良い流れで7-4とリード。このままの流れで行けるかと思ったが、ここでまた相手サーブに押されて自らミスを出し相手にペースを握らせてしまうと11-11と追いつかれる。
そこからは一進一退の戦いとなったが、最後は13-15で敗れて優勝への道はなくなった。
今大会最後の試合となった5位決定戦の相手はカザフスタン。若手だが高身長のチームだ。
この試合、序盤からカザフスタンリードで進んでいたが、中盤から終盤までにしっかりデフェンスシステムが機能したY2、2セットともきっちり相手の攻撃を要所でブレイクし21-18,21-18で勝ち切った。
その結果、Y2は今大会5位で終えることとなった。
5位に終わってしまったが決勝戦はY2がグループ戦で激戦の末敗れたイランと決勝トーナメントで激戦の末敗れたニュージーランドの顔合わせとなるなど、強いチームと互角に戦えるチームとなっていることは確かだ。ここからもう一つ成長を期待したい。


上場コメント
「優勝を狙っていただけに悔しい。前回大会と決勝戦の顔ぶれが2チームとも違うことでもわかるが、今アジアはどこのチームが勝ってもおかしくない状況。この中でひとつ抜け出すチームになるためにシーズンの中でも出来ることを考えて他チームより早く実力をつけていきたいと思う。」


長谷川コメント
「ゲームメイクに関してまだまだ課題が残っているが、収穫があった大会だった。あとは確実に試合を進めていく為に技術面でのミス減らしていきたい。」


アジアツアー・カノン大会報告

2014.04.24

日程:2014年4月9日~4月11日
場所:カノン
最終結果:17位

対戦結果
vs イラン 2-1(27-25,19-21,15-13)
vs オーストラリア 0-2(17-21,18-21)
vs シンガポール 2-0(21-15,21-11)


4月6、7、8日の3日間で、Y2の今シーズン開幕戦であるアジアツアー・カノン大会が開催された。
大会形式は4チーム又は5チームの予選プール戦を戦い、上位2チームが決勝トーナメントに進出する方式である。
Y2はSEED5からのスタートで、同じプールはオーストラリア、イラン、シンガポールのプールDとなった。
初戦はイラン。2mの左利きを有するベテランチームである。
第1セットは序盤一進一退の攻防で試合が進んでいく、中盤以降上場のサーブでの得点や相手のミスもあり第1セットは接戦の末27-25でY2が先取。
続く2セット目もシーソーゲームが続いていく。第2セットはイランポーキーショットに苦しめられ19-21で落とす。
最終第3セットこのセットはイランリードで進行。
終盤、Y2のサインプレーで得点を重ねて相手のミスも誘い11-13からの逆転し、15-13でプール1勝目を収める。
同日に行われた2試合目はオーストラリア。
昨シーズンワールドツアー最終戦に本選出場決め、国内大会でも勝っている勢いのあるチーム。
序盤は5-2とリードして最初のコートスイッチを迎えるが、その後ライト選手のジャンプサーブに苦しめられ弱点を許す。
そのまま追いつく事が出来ず17-21で1セット目を落とす。
第2セットもジャンプサーブに苦しめれ、なかなか得点を積み重ねる事が出来ない。
コートに対して横風が吹く中で的確にボールを落としてくるオーストラリアになかなか相手の狙いを絞る事ができず、ディフェンスが出来ないまま試合終了。
18-21で敗退。

この時点で日本1勝1敗、オーストラリア2勝、イラン1勝1敗、シンガポール2敗。翌日の最終戦へ進む。
プール戦突破に向けて必ず勝たなければいけないシンガポール戦、前半はシンガポールのサウスポーの思い切りの良いスパイスが決めるが、Y2も確実に得点を重ねていく。
中盤から上場のジャンプサーブで連続得点すると、今大会調子の上がっていなかった長谷川のブロックも飛び出し、21-15で1セット目を取る。
2セット目は1セット目の勢いのまま怒涛の攻撃をみせ、21-11で勝利。
この時点でプール2勝1敗とする。
オーストラリア対イランはイランが勝利し、日本、オーストラリア、イランが2勝1敗で並ぶ結果に。
勝率が並んだ場合は該当チームの試合の得点率で順位を決める。
その結果1位イラン、2位オーストラリア、3位日本。
上位2チームが決勝トーナメントに進出できるので、Y2はプール戦敗退が決まる。
僅か4ポイント差の結果だった。
カノン大会は17位で終了した。


上場コメント
「2011年のアジアチャンピオンのイランチームに勝てたことは嬉しかったが、予選敗退という結果となり残念。試合をしたことのないチームに対しての作戦の立て方など、今後の課題として改善していきたいと思う。」


長谷川コメント
「オーストラリア戦で試合を壊してしまった事が悔やまれる。上質なプレーを出し続けられるように次の大会に向けて準備していきたい」


ロサンゼルス合宿報告

2014.04.08

日程:2014年3月5日~3月26日
場所:カルフォルニア州 ロサンゼルス

3月5日〜3月25日の期間でY2は日本代表山本総監督、平野監督と共にロサンゼルス合宿を行いました。
いよいよ、2014年シーズンが4月にタイで行われるアジアツアーで開幕します。


上場コメント
「日本では体感することが難しい身長2m前後の選手たちと練習ゲームを重ねられたことやカルフォルニアの大会CBVA Openにも参加できたことで自信がついたプレーもあり、また自分の課題も明確になりました。 シーズン中も一戦一戦全力を出して成長していきたいと思います。」


長谷川コメント
「競技人生初のビーチバレーボールのメッカロサンゼルス合宿。 競技人口の多さ、レベルの高さに衝撃を受けましたが、実践的な良いトレーニングが出来ました。 20日の実践練習で2人の勝つイメージもより強い物になったので、開幕が楽しみです。」


Team Y2サポーター 2014年度の募集を開始しました!

2014.03.07

2014年度のTeam Y2の活動を支えていただけるサポーターを募集しております。
詳細は下記ページをご確認ください。皆様のご参加をお待ちしております!!

個人サポーターに関してはこちら
法人サポーターに関してはこちら

グアム強化合宿報告

2014.03.04

日程:2014年2月10日~2月26日
場所:グアム ガンビーチ

今回Y2は日本代表山本総監督、平野監督と共に2月10日~2月26日までグアムの『ガンビーチ』にて強化合宿を行った。
平均気温30度の中で午前午後の2部ボール練習。
レオパレスリゾート内のトレーニングジムでのフィジカルトレーニング。
暑い中で身体を追い込み技術も体力もパワーアップしています。
シーズンインまで残り2ヶ月、更なる高みを目指してY2は鍛えて行きます。


上場コメント
「初の海外での合宿は天候の良さもあり、とても充実したものとなりました。チームも少しずつ試合をするイメージに近づいてきているので、次回合宿にてより長谷川と連携を取って万全でシーズンを迎えたいと思います。」


長谷川コメント
「2月の寒い季節に暖かい所で怪我の心配もなく100%の力でトレーニング出来ました。新しい身体の使い方への取り組みも徐々に成果が出てきています。3月に入ると2人の連携がメインになっていくので、お互いの良さを引き出せるようにしっかりコミュニケーション取って行きたいと思います。」


株式会社静科とのパートナー契約

2014.03.03

この度、Team Y2は、株式会社静科様とのパートナー契約を締結いたしました。


上場コメント
「静科様は高い技術を持って世界に向けて挑戦する会社。自分も世界と戦う為に世界レベルの技術を身につけていかなければいけないので、今回心強いパートナーが増えたことはとても嬉しいです。共に成長できるようまだまだ頑張りたいと思います。」


長谷川コメント
「この度株式会社静科様にサポートして頂くことになりました。日本から海外への挑戦という共通点、共に世界へ向けて戦うパートナーが増える事をとても嬉しく思っています。2014シーズン開幕に向けてより気持ちを引き締めて活動していきます。今後とも応援よろしくお願いします。」


『スポンサー紹介』ページ

沖縄合宿報告

2014.02.06

日程:2014年1月13日〜1月27日
場所:ぎのわんトロピカルビーチ

今回Y2は日本代表山本総監督、平野監督と共に1月13日〜1月27日まで沖縄宜野湾市の『ぎのわんトロピカルビーチ』にて強化合宿を行った。
少々風が強い日もありましたが、関東よりも暖かい気候の中で充実した合宿を行えた。
シーズンインまでまだ時間がありますが、Y2の更なるパワーアップを期待。


上場コメント
「今までは体力づくりやパスやトスなどの基礎を中心にやってきました。今回沖縄に入り1ヶ月ぶりにスパイクを打ちましたが、基礎体力が上がったことでスパイクもかなり上達したと思います。 また、基礎の部分もより身についてきたという実感もあり、とても充実した合宿となりました。 まだまだ合宿が続きますので、より強くなりたいと思います。」


長谷川コメント
「今回の合宿はパス、トス、スパイクの個人スキル向上に特化して行われました。 今までのフォームからの改善作業をしているので地味で根気の必要とするメニュー多かったです。 まだ習得と言えるレベルではないが、良い感触のモノも出てきているのでオフシーズン最大の課題として2月以降も取り組んでいきたいと思います。 沖縄は寒波影響で例年よりは気温が低かったようですが、関東よりは暖かく練習時間もしっかり確保できたので充実した合宿になりました。 関東との寒暖の差に体調管理に注意して次の合宿に備えていきます。」


『フォーラム情報アカデミー U-18 Y2カップ』イベント報告

2014.01.28

日程:2013年12月1日
場所:オールサムズテニスクラブ内 夏見の浜
天候:晴れ

素晴らしい天気の中第1回フォーラム情報アカデミー U-18 Y2カップが開催された。
今回はY2の意思で国内では稀な若年層の大会である。
参加したのは、公文国際学園、中央学院大学付属高校、鎌ケ谷中学、鎌ケ谷第5中学、根木内中学の総勢32名。
ほとんどの選手がビーチバレーボールは未経験であるが試合を増す毎に上達していきハイレベルな試合が展開された。
決勝の公文国際学園対中央学院大学付属高校の試合は(20-22,21-19,15-13)の激闘の末、公文国際学園が初代Y2カップのチャンピオンになった。
決勝後にはY2と優勝した2人とがミックスしてのスペシャルエキシビションマッチが行われ、大いに盛り上がった。
最後にサーブの的当てゲームで締めくくり、大盛況で幕を閉じた。

『フォーラム情報アカデミー U-18 Y2カップ』募集を終了しました。

2013.11.25

先日より参加チームを募集しておりました、Team Y2の主催する大会『フォーラム情報アカデミー U-18 Y2カップ』ですが、エントリー数が16チームに達しましたので、募集を終了させて頂きました。たくさんのエントリーをいただき、ありがとうございました!

JVAビーチバレーボール強化指定選手に選出!

2013.11.27

Team Y2の上場雄也・長谷川徳海が、JVAビーチバレーボール強化指定選手に選出されました。 2013年12月より活動を開始し、2014年1月から国内、およびブラジルなどの海外への強化合宿を予定しています。→詳細はこちら


上場コメント
「JVA強化指定選手となることができて嬉しい反面、日本代表という必ず結果を出さなければいけない立場ということで、身の引き締まる思いです。個の力を伸ばし、はせと最高のチームを作りたいと思います。これからも応援よろしくお願い致します。」


長谷川コメント
「これからはY2としてだけではく日本を代表して戦うという覚悟、自覚、責任を持って日々ビーチバレーと向き合っていきたいと思います。 これからも熱い応援よろしくお願いします。」

『フォーラム情報アカデミー U-18 Y2カップ』募集を終了しました。

2013.11.25

先日より参加チームを募集しておりました、Team Y2の主催する大会『フォーラム情報アカデミー U-18 Y2カップ』ですが、エントリー数が16チームに達しましたので、募集を終了させて頂きました。たくさんのエントリーをいただき、ありがとうございました!

Team Y2主催『フォーラム情報アカデミー U-18 Y2カップ』を開催!

2013.10.17

Team Y2(上場雄也・長谷川徳海)の主催する大会『フォーラム情報アカデミー U-18 Y2カップ』が開催されることになりました。
下記詳細をご覧の上、是非お申し込みください!
※エントリー数が16チームに達しましたので、11月25日をもって募集を終了させて頂きました。たくさんのエントリーをいただき、ありがとうございました!

開催日 2013年12月1日(日)
会 場 オールサムズテニスクラブ船橋 夏見の浜
住所:千葉県船橋市旭町4-169
競技規則 平成25年度(公財)日本バレーボール協会制定ビーチバレー競技規定により行う
競技方法 予選リーグ:25点1セットマッチ(27点打切)
決勝トーナメント:25点1セットマッチ (27点打切)
準決勝・決勝:21点3セットマッチ
※参加チーム数や当日の天候により変更することもある
参加資格 満18歳以下の男子 男子2人制 MAX16チーム
※18歳であれば大学生でも可
競技日程 8時30分:選手受付開始
9時00分:開会式
9時30分:試合開始
参加料 1チーム:2000円
申込方法 ※エントリー数が16チームに達しましたので、11月25日をもって募集を終了させて頂きました。たくさんのエントリーをいただき、ありがとうございました!
その他 ○本大会はスポーツ保険に加入しておりません。
 競技中の負傷についてはチーム及び個人で対応すること。
○各試合の審判員は、参加チームで行う。
○組み合わせについては当日抽選にて行います。
○会場駐車場内での事故トラブル等においては、一切責任をおいません。   
大会に関する問い合わせ先 Y2事務局:mail@team-y2.jp
特別協賛 フォーラム情報アカデミー
協 賛 オールサムズテニスクラブ船橋・株式会社デサント・里のうどん・株式会社ミカサ・金栄堂・SEV

SUBWAY『My Healthy Life』にてTeam Y2が紹介されました!

2013.09.19

SUBWAY 公式サイトの『My Healthy Life』にて、Team Y2が紹介されました!
Team Y2(上場雄也と長谷川徳海)が、SUBWAYの魅力や食べ方などについて、紹介させて頂いております。
是非、ご覧ください!

SUBWAY 公式サイト『My Healthy Life』の詳細はこちら

千葉ロッテマリーンズ公式サイトにてTeam Y2が紹介されました!

2013.09.17

プロ野球チーム千葉ロッテマリーンズの公式サイトにてTeam Y2が紹介されました!
9月18日(水)に千葉県QVCマリンフィールドで行われる、千葉ロッテマリーンズ対オリックス・バファローズ戦のファーストピッチセレモニーに、Team Y2の上場雄也と長谷川徳海が登場します。試合前には、トークショーも開催する予定です。是非、ご来場ください!

千葉ロッテマリーンズ公式サイト (ファーストピッチセレモニー詳細はこちら)

2013 JBVツアー第3戦 霧島酒造オープンのレポートを掲載!

2013.09.13

2013 JBVツアー第3戦 霧島酒造オープンのレポートを掲載いたしました。

下記を右クリックし、PDFファイルを保存してご覧ください。
2013 JBVツアー第3戦 霧島酒造オープン レポート (PDF:1.5MB)

また、スケジュール & リザルトの「JBVツアー2013」でもご覧いただけます。
スケジュール & リザルト(JBVツアー2013)

『スポンサー紹介』のページを更新しました。

2013.09.05

『スポンサー紹介』のページを更新しました。

Team Y2参戦情報

2013.09.02

Team Y2(上場雄也・長谷川徳海)は、宮崎県都城市霧島ファクトリーガーデンで開催される、JBVツアー第3戦 第14回 ビーチバレー霧島酒造オープンに、ワイルドカードで7日の土曜日から参戦します。

優勝目指して頑張りますので、皆様のご声援を宜しくお願い致します。

  開催日 開催場所
JBVツアー第3戦
第14回 ビーチバレー霧島酒造オープン
詳細はこちら
9月6日(金)〜8日(日) 宮崎県都城市・霧島ファクトリーガーデン


なお、 JBVツアー第4戦の日程変更、第5戦の追加開催も決定致しました。日程は下記の通りです。

  開催日 開催場所
JBVツアー第4戦
ペボニアカップ(仮)
10月3日(木)〜6日(日) 東京都港区・お台場海浜公園
JBVツアー第5戦
川崎市長杯(仮)
10月11日(金)〜13日(日) 神奈川県川崎市川崎区・川崎マリエンビーチバレーコート

第27回ビーチバレージャパンのレポートを掲載!

2013.09.02

第27回ビーチバレージャパンのレポートを掲載いたしました。

下記を右クリックし、PDFファイルを保存してご覧ください。
第27回ビーチバレージャパン レポート (PDF:1.7MB)

また、スケジュール & リザルトの「国内大会」でもご覧いただけます。
スケジュール & リザルト(国内大会)

Team Y2参戦情報

2013.08.12

Team Y2(上場雄也・長谷川徳海)は、神奈川県湘南・藤沢市鵠沼海岸で開催される、日本最大のビーチバレーイベント『Beach Volley Japan』に、神奈川県代表①として参戦します。

優勝目指して頑張りますので、皆様のご声援を宜しくお願い致します。

  開催日 開催場所
第27回ビーチバレージャパン
詳細はこちら
8月16日(金)〜18日(日) 神奈川県湘南・藤沢市鵠沼海岸

2013 FIVB Beach Volley ANAPA Openのレポートを掲載!

2013.08.02

2013 FIVB Beach Volley ANAPA Openのレポートを掲載いたしました。

下記を右クリックし、PDFファイルを保存してご覧ください。
2013 FIVB Beach Volley ANAPA Open レポート (PDF:1.6MB)

また、スケジュール & リザルトの「FIVB Beach Volleyball World Tour 2013」でもご覧いただけます。
スケジュール & リザルト(FIVB Beach Volleyball World Tour 2013)

Team Y2イベント参加情報

2013.07.12

Team Y2(上場雄也・長谷川徳海)が、下記日程のイベントにゲスト参加する予定です。是非ご来場下さい!

  開催日 開催場所
ECOビル弁天プラザビル杯
第6回ビーチバレー4人制オープン大会
詳細はこちら
7月14日(日) 新潟県新潟市日和山浜特設コート

Team Y2参戦情報

2013.06.28

Team Y2(上場雄也・長谷川徳海)は、下記日程にてロシア遠征をおこないます。優勝目指して頑張りますので、皆様のご声援を宜しくお願い致します。

  開催日 開催場所
2013 FIVB Beach Volley ANAPA Open 7月24日(水)〜28日(日) Anapa Russia

Team Y2 メディア情報

2013.06.28

6月30日(日)発売の、「Beach Volley Style」にY2(上場雄也・長谷川徳海)が掲載されます。是非ご覧下さい!

Beach Volley Styleのホームページはこちら

宮古島大会2013のレポートを掲載!

2013.06.21

第14回ビーチバレー宮古島大会2013のレポートを掲載いたしました。 スケジュール & リザルトの「国内大会」にてご覧いただけます。

スケジュール & リザルト(国内大会)はこちら

Team Y2の宮古島大会優勝が地元紙に紹介!

2013.06.18

Y2が国内初優勝をとげた第14回ビーチバレー宮古島大会2013の模様が、沖縄の地元紙「宮古新報」に紹介されました。
記事全文は以下のリンクにてご覧頂けます。

宮古新報ニュースコム「長谷川・上場、男子2人制頂点 - ビーチバレー宮古島」

千葉県松戸市立第五中学校にてバレーボール教室開催!

2013.06.17

2013年6月16日(日)、千葉県松戸市立第五中学校にてバレーボール教室を行いました。

第五中学校バレーボール部は部員50名を超すマンモスチームで、活気溢れる練習ぶりが印象に残りました。
バレー教室のお申し込み等は下記より受け付けております。

出張コーチ&バレーボール教室申し込みフォーム

第14回ビーチバレー宮古島大会2013、優勝!

2013.06.12

6月8日(土)、9日(日)に沖縄県宮古島市にて、第14回ビーチバレー宮古島大会2013が開催されました。

Y2は予選リーグを2勝0敗で通過し、翌日の決勝トーナメントも順当に勝ち進み、優勝しました。
Y2として国内大会初のタイトル獲得となりました。
応援ありがとうございます。
引き続き応援よろしくお願い致します!





Team Y2参戦情報

2013.06.06

Team Y2(上場雄也・長谷川徳海)は、第14回宮古島大会2013に参戦します。優勝目指して頑張りますので、皆様のご声援を宜しくお願い致します。

  開催日 開催場所
第14回宮古島大会2013 6月8日(土)〜6月9日(日) 沖縄県宮古島市下地字与那覇前浜

2013年度日本代表候補に選出!

2013.06.04

Team Y2の上場雄也・長谷川徳海が、2013年度ビーチバレーボール日本代表候補に選出されました。選出された日本代表候補選手は、大会に向けて日本代表チームを結成し、合宿を経て「2013年度日本代表出場予定大会」に出場します。
詳細は下記サイトをご確認ください。

詳細はこちら

BeachVolleyJapan県予選・2013年度東京国体県予選、共に優勝!

2013.06.03

6月1日(土)に神奈川県藤沢市にて、第27回BeachVolleyJapan神奈川県予選会、2013年度東京国体神奈川県予選会が行われました。Y2は両大会共に優勝し、神奈川県代表になりました。

BeachVolleyJapanは8月16日(金)~18日(日)神奈川県藤沢市鵠沼海岸にて、また、東京国体は関東ブロック予選が7月28日(日)神奈川県藤沢市鵠沼海岸にて行われます。
応援よろしくお願い致します!

JBVツアー福岡大会3位表彰台獲得!

2013.05.27

5月24日(金)〜5月26日(日)に開催された、国内ビーチバレーツアー福岡大会の結果報告です。

予選トーナメントは1回戦2-0、2回戦2-0と共にストレートで勝利し、本戦進出を決め、翌日勝てば準決勝の試合でフルセットの末敗れ敗者復活トーナメントへ。
敗者復活1回戦はこれもフルセットへ進む激闘となり、なんとか勝ちきり最終日の3位決定戦へ進みました。
3位決定戦は前日にフルセットで敗れている畑辺清水ペアにストレートで勝利し、Y2として初の表彰台に登る事ができました。
表彰台に登れた事は、課題克服に向けて少し前進できたのではないかと感触を持っていますが、まだまだプレーの安定感に欠けるものもあり、お互いに世界基準の基礎技術と連戦に耐える強い身体が必要だと感じています。

次の大会は6月2日にビーチバレージャパンの神奈川県予選、6月8、9日に宮古島ビーチバレー大会です。
引き続き応援よろしくお願い致します!


[対戦結果]

  開催日 開催場所 最終結果 対戦結果
第2戦
ビーチバレー 福岡オープン
5月24日(金)〜
5月26日(日)
シーサイド
ももち海浜公園
(福岡県福岡市)
3位 ・脇谷石垣
 2(21-15,21-18)0
・村上高橋
 2(25-23,21-15)0
・畑辺清水
 1(17-21,21-16,14-15)2
・長谷川井上
 2(21-18,19-21,15-11)1
・畑辺清水
 2(21-17,21-15)0

Team Y2サポーターの募集を開始しました!

2013.05.14

Team Y2の活動を支えていただけるサポーターを募集しております。
詳細は下記ページをご確認ください。皆様のご参加をお待ちしております!!

個人サポーターに関してはこちら
法人サポーターに関してはこちら

Team Y2 参戦結果報告

2013.05.12

Team Y2(上場雄也・長谷川徳海)の参戦結果報告です。

  開催日 開催場所 最終結果 対戦結果
第1戦
ビーチバレー東京オープン
5月4日(土)~
6日(月・祝)
お台場海浜公園 予選敗退 ・西村日高
 0(28-30,16-21)2
FIVB Fuzhou OPEN 4月23日(火)~
27日(土)
Fuzhou
China
41位 ・Saxton-Schalk
 0(18-21,20-22)2
Shanghai GRAND SLAM 4月30日(火)~
5月4日(土・祝)
Shanghai
China
33位 ・Semenov-koshkarev
 1(14-21,21-19,15-13)2
・Ingrosso.M-Ingrosso.P
 0(16-21,14-21)2

Team Y2オフィシャルネットショップオープン!

2013.04.23

Team Y2のオフィシャルグッズを取り扱うネットショップがオープン致します。
Team Y2オリジナルのTシャツ・タオルや、コラボTシャツなど各種取り揃えております。
是非、ご利用ください!

オフィシャルネットショップはこちら

Team Y2参戦情報

2013.04.19

Team Y2(上場雄也・長谷川徳海)は、下記日程にて中国遠征をおこないます。各大会とも優勝目指して頑張りますので、皆様のご声援を宜しくお願い致します。

  開催日 開催場所
2013 FIVB Beach Volley FUZHOU Open 4月23日(火)〜4月27日(土) 中国 福州
2013 FIVB Beach Volley World Tour SHAHGHAI Grand Slam 4月30日(火)〜5月4日(土) 中国 上海

『スポンサー紹介』のページを更新しました。

2013.04.18

『スポンサー紹介』のページを更新しました。

『スポンサー紹介』のページを更新しました。

2013.03.21

『スポンサー紹介』のページを更新しました。

FIVB Beach Volleyball World Tourの日程を追加しました!

2013.03.13

FIVB Beach Volleyball World Tourの日程を追加しました! 『スケジュール』をご確認ください。

JBVツアーの日程が変更になりました。

2013.03.11

JBVツアーの日程が変更になりました。『スケジュール』をご確認ください。

『インフォメーション』と『スケジュール』のページを追加しました!

2013.03.01

『インフォメーション』『スケジュール』のページを追加しました!

『ギャラリー』のページを追加しました!

2013.02.28

『ギャラリー』のページを追加しました!

『コンタクト』のページを追加しました!

2013.02.22

『コンタクト』のページを追加しました!

『活動拠点』と『スポンサー紹介』のページを追加しました!

2013.02.15

『活動拠点』『スポンサー紹介』のページを追加しました!

ウェブサイトをプレオープンしました!

2013.02.08

ウェブサイトをプレオープンしました! コンテンツは随時追加していきます!!

  • back
  • pagetop