包茎にはどんな種類があるの?

包茎には大きく分けて、3種類があるようです。
重度なものから順に、

  • 真性包茎
  • カントン包茎
  • 仮性包茎

となるようです。

真性包茎とカントン包茎は、日常生活に支障をきたしかねないため、
できる限り手術はした方がいいとのこと。

仮性包茎の場合にも、さまざまなデメリットがあるために、
手術はした方がいいようです。

真性包茎の特徴は?

真性包茎は、包皮が亀頭をつねに覆ってしまっている状態だとか。
包皮を手で剥こうと思っても剥くことができないようです。

これは、まず包皮口がとても小さく、
そこを亀頭が通らないことが一つの原因みたいです。

それからもう一つ、
包皮と亀頭が癒着を起こしてしまっていることもあるとのこと。

こうなってしまうと、セックス自体に支障をきたしかねないですよね?

包皮が亀頭を覆っているので、セックスしても、
正常な快感が得られないらしいです。

それから亀頭がつねに包皮で覆われているために、
亀頭の正常な発達が妨げられてしまうとのこと。
いわゆる「先細り」型のペニスになってしまいやすいそうです。

また亀頭と包皮のあいだに空間には、どうしても恥垢がたまり、
雑菌が繁殖するのだとか。
包皮を手でむけないので、ここを清潔にするのは難しいわけですよね?

それにより、どうしても悪臭を放つなどの不潔な状態になりやすいみたいです。
それからその雑菌の影響で、感染症や性病にもかかりやすくなるそうです。

このように真性包茎は、放置すると色々と問題が起こるのだとか。
早急に手術したほうがいいようです。

カントン包茎の特徴は?

カントン包茎は、真性包茎にくらべれば包茎の軽度だとのこと。
そのため通常時なら、包皮を手で剥くことはできるそうです。

ただし包皮口が狭いため、剥いた状態で勃起すると、
包皮が戻らなくなってしまうことがあるのだとか。
そうなると、包皮口がペニスを圧迫し、ペニスの血行が阻害されて、
亀頭が腫れ上がることもあるようです。

またセックスをすると、狭い包皮口が裂けたりし、
そこから雑菌が侵入して炎症をおこすこともあるとのこと。

やはりカントン包茎も、手術は必要みたいです。

仮性包茎

仮性包茎の場合には、亀頭を覆っている包皮を、手で剥くことはできるわけです。
包皮をむいたまま勃起させても、腫れたりなどの不都合はありません。

なのでセックス自体はそれほど問題なくできますよね?
なので仮性包茎は、「生活に支障をきたす」ほどの不都合はないそうです。

ただし仮性包茎も、単に「恥ずかしい」ことのほか、

  • 女性に嫌われる
  • 不潔になりやすい
  • 早漏の原因になる
  • コンプレックスを持ってしまう
  • 感染症などを女性に移すこともある

などの、デメリットは多いとのこと。

手術するのが望ましいみたいです。