包茎のデメリットは?

包茎には、さまざまなデメリットがあると思います。
どのようなデメリットがあるのかを、ここではまとめてみました。

包茎にはこんなデメリットがある!

恥ずかしい

包茎のデメリットの第一は、これだと思います。
皮がかぶったままのペニスは、いかにも子供っぽいですよね?

銭湯などでも、前を隠したままでないと歩けないのはもちろんのこと。
さらに友達や会社の同僚などとサウナへ行くのも、本当に恥ずかしいです。

それから彼女とのベッドインや風俗へ行った時など、女性にペニスを見せるとき。
「笑われるんじゃないか」と心配ですよね?

まわりの男性からバカにされる

包茎は、自分が恥ずかしいばかりではありません。
まずまわりの男性からは、どうしてもバカにされますよね?

銭湯などで出会う他人は、もちろんバカにしたような態度は取らないと思います。

でも友人などと風呂やへ行き、包茎のペニスを見た友人が、
「なんだよ、お前、包茎なのかよ」とバカにしたような調子で言うのは、
包茎の人なら経験したことが多いのではないでしょうか?

女性から嫌われる

また包茎は、女性から嫌われることが多いそうです。

まずは皮と亀頭のあいだに恥垢がたまり、不潔になって、清潔感に欠けること。
汚らしい男性を、女性はまず嫌いますよね?

それから恥垢がたまると、そこに雑菌が繁殖し、ニオイを発するようになります。
女性は臭い男性は、汚い男性よりさらに嫌いだと思います。

さらに包茎の男性とセックスしても、女性はあまり気持ちよくないそうなんですね。
皮がかぶることにより、亀頭が十分成長せず、摩擦が足りないからだとか。

このように包茎は女性から嫌われるため、せっかく彼女ができたとしても、
包茎が理由で振られる、などということもあるようです。

コンプレックスを持ってしまう

このように包茎は、

  • 自分が恥ずかしい
  • 男性からバカにされる
  • 女性からは嫌われる

と、まさに四面楚歌のような状況に立たされてしまいます。
そのためどうしても、コンプレックスを持ってしまいがちだと思います。

コンプレックスは、気持ちを後ろ向きにさせますよね?
そのため仕事や生活にマイナスの影響を及ぼしがちではないでしょうか?

感染症や性病になりやすい

ここまでは、おもに包茎であることについての、
精神面でのデメリットを上げてきました。

でも包茎のデメリットは、そのような精神面のみならず、
肉体に実質的なデメリットを及ぼすようです。

包茎は、皮と亀頭のあいだに恥垢がたまり、そこに雑菌が繁殖します。
その雑菌が尿道などから体内へ入ることで、
尿道炎や腎盂炎などの感染症になることがあるそうです。

またこの恥垢の雑菌が原因で、性病にもかかりやすくなるのだとか。
包茎は、実際に「危険」であるということになりますよね?

パートナーに病気を移しやすい

また恥垢に繁殖した雑菌は、セックスをすることにより、
パートナーに感染することもあるとのこと。
それにより、子宮内膜症などにパートナーがなることがあるそうです。

さらにそれが原因で、パートナーが子宮がんになることもあるのだとか。
実際に子宮がんの女性は、パートナーが包茎であることが多いそうです。

自分のみならず、パートナーまで危険にさらすことになる、包茎。

ABCクリニックなどで手術したほうがいいのは、言うまでもないことですよね?